MTアップグレード to 3.2

Posted at 05/10/03 Comment(0)» Trackback(1)»

9月29日にMTのヴァージョン3.2のリリースを受けて、アップグレードを実施しました。

いきなり違うところは、今まで編集していたmt.cfgというファイルが見当たりません。

調べてみると、

1.mt-config.cgi-originalファイルをmt-config.cgi というにリネームして保存

2. mt-config.cgiの中をそれぞれの環境にあわせて変更すればOK。

2.1 CGIPathを編集
(Ex)
CGIPath http://(your_home_page_ad)/cgi/mt/

2.2 umaskのコメントをとる
(Ex)
DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

2.3 文字コードを設定
(Ex)
UTF-8の場合    PublishCharset utf-8
euc-jpの場合     PublishCharset euc-jp
shift_jisの場合   PublishCharset shift_jis

3. 変更後、ファイルをすべてアップロード

4. mtフォルダ内にdbフォルダを作成

5. パーミッションを変更
CGIファイル 700
ディレクトリ 705
その他ファイル 604

6. システムチェック
ブラウザに
http://(your_home_page)/cgi/mt/mt-check.cgi
と入力システムチェックが始まります。
問題がなければ、一番下のほうに「Movable Typeのシステム・チェックは、無事に完了しました」
と表示されるはずです。

7. アップグレードの実行
ブラウザに
http://(your_home_page)/cgi/mt/index.html
と入力し、そこからログインします。「アップグレードの実行」をクリック。
サイトを再構築すれば、「Movable Type 3.2-ja」と表示されるはずです。

これはこのメルマガの受け売りでした。

ふう^_^;

けっこうめんどいですね。

"MTアップグレード to 3.2"へのトラックバック

トラックバック先URL

"MTアップグレード to 3.2"へのトラックバック一覧

Re viagra cello.

from Re viagra cello. at 09/05/03

Effects nitroglycern side viagra. Viagra. Best price for generic viagra. Viag...

"MTアップグレード to 3.2"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門